自己破産の失敗談※後悔しないよう必読

自己破産というものは、人生の中でもかなりの判断力を要する決断ですから、慎重に進めていく必要があるのです。また、知識が素人にはほとんどありませんから、大抵の場合には法律などに詳しい方にその業務を依頼することになります。しかし、依頼先を誤ってしまうと、大変なことになってしまいます。よくある失敗談としては、業者に無理やり自己破産をさせられてしまった、というケースです。自己破産というものは、基本的には本当にどうしようにも返済ができないような状態に陥った時の最後の手段です。しかし、依頼先が悪徳な場合には、自己破産を成功させた時の成功報酬を得るために、本来必要のないような破産請求をさせようとしてきます。さらに、それ以前に過払い金などの請求を同じ業者に依頼した場合には、その過払い金をほとんど依頼者に渡さずに追加の業務をすることもあります。このように、破産する必要のないような方に、破産請求させることによって、報酬をせしめようとする業者に騙される、という失敗談はよくあります。しかし、破産しようかと迷っているような状況にあると、どうしても正確な判断ができなくなってしまうことがあり、借金地獄から逃れられるのであれば、ということで従ってしまうことが多いようです。ですから、このような失敗談を反面教師として、本当に破産する必要のあるような状況なのかをしっかりと判断しましょう。自己破産以外にも、任意整理や個人再生などの道があり、それらの対策で十分対応できることもあるので、情報はできるだけ他方から集めておいた方が良いです。