自己破産後の生活は天国か地獄か

どれだけ借金があっても、自己破産を行えば、借金の返済義務はなくなります。
ただ、自己破産というのは、デメリットも多い債務整理法で、行う際はその後の生活までしっかりと考えておく事が大切です。
自己破産を行うと、現金99万円、預金20万円以外の財産はすべて処分され、返済にあてられる事になります。
家や車を持っていた場合、それらは処分され債権者に平等に分配されます。
ですから、自己破産後は、持ち家がなくなり、住むところを探す事から始める事になる人も珍しくありません。
手元に残るのは最大119万円という事になりますから、引越しなどの費用を考えると大変な事も珍しくありません。
更に、自己破産後、弁護士や税理士、警備員や会社役員など、いくつかの職業に就けない等、仕事への制限が出てきます。
ただ、雇用保険に入っていれば失業保険が出ますし、一般的な仕事であれば就く事が可能です。
それでも、自己破産を考えたら、その時点で、自己破産後の生活や仕事等についてしっかりと考えておく事が大切です。
自己破産は大きな事故として信用情報に書き込まれる為、自己破産後、5年から10年はクレジットカードが作れず、借入を行う事もできません。
自己破産を行う際、返済義務がなくなってから、落ち着いて生活を立て直せば良いと考える人もいますが、カードでの買い物も、借り入れも出来ない為、ゆっくりとしていると生活費が底をつく可能性もあるので、注意をしておく事が必要です。