浪費やギャンブルが原因の自己破産は可能?

借金問題を解決する法的手続きの中でも、最も強い効力を持つものが自己破産です。
自己破産は、借金を減額してもらうことで返済を継続していく任意整理や個人再生と違い、抱えている全ての債務を解消することができるので、純粋に借金を無くすることを目的とする場合には、最も優れた債務整理の方法であると言えます。
もちろん全ての借金を帳消しにしてもらう分その後の制限もあり、財産を所有している場合には処分されてしまいますし、一定の職業制限もありますが、個人で自己破産をする状況の場合、処分される財産を所有しているケースは少ないですし、職業制限にしても手続きが完了すれば解除されるので、大きな問題となることは多くありません。
ところで自己破産に関しては、借金の原因がギャンブルや浪費である場合、免責が認められないということが良く言われます。
自己破産というものは、申し立てをして裁判所に免責が認められることで初めて借金が帳消しになる手続きですが、確かにギャンブルや浪費というのは免責不許可事由に含まれています。
この為、ギャンブルや浪費が原因の場合は申し立てをしても無駄であると決め付け、専門家に相談することなく逃げ続けてしまっている人もいますが、実は免責不許可事由に該当していたとしても、債務者の更生の見込み等様々なポイントを加味し、裁量免責が認められることがあるのです。
特に1回目の自己破産の場合、免責不許可事由に該当していても免責が認められるケースが大半となっているので、ギャンブルや浪費が原因の借金であっても無理だと決め付けず、弁護士や司法書士に相談しましょう。