2回目の自己破産をする人が読む注意事項

多額に膨れ上がった借金を法的手続きで整理し、債務者の健全な出直しをサポートしてくれるのが債務整理です。
中でも自己破産は全ての借金の免責を受けることが可能なので、その他の債務整理のように手続きで減額してもらったにも関わらず返しきれないといった失敗が無い点がメリットですが、それでも何らかの事情により、自己破産後再び返済不能な借金を抱えてしまうケースもあります。
こういった場合に問題となるのが、2回目の自己破産は行えるのかという点です。
結論から言えば、複数回の破産宣告ができないという定めは無い為、2回目であっても前回の免責から7年が経過していれば、再度の自己破産申立を行うことができます。
但し、申立を行えることと免責が受けられるかは別に考えることが必要です。
自己破産というものは申立を行ったとしても、裁判所に免責が認められなければ効力が発生しませんが、この判断は免責不許可事由に該当していないか、債務者に反省が見られるかなどによって行われます。
1回目の自己破産の場合、免責不許可事由に該当していたとしてもよほど悪質でない限り免責が認められるようになっていますが、2回目になるとやはり裁判所の判断も厳しくなってきます。
しかし、免責不許可事由に該当していたとしても、諦めてしまうのは得策ではありません。
2回目であっても免責が認められるケースは十分にありますし、全額は無理でも一部免責が受けられることもあります。
放置をしていても状況は好転しないので、2回目の場合でもきちんと法律事務所に相談しましょう。