会社や家族に内緒で自己破産は可能?

自己破産という手続きは、他の人に知られてはあまり格好のいいものではありません。そのため、そうした情報を知られたくないと考えて自己破産に踏み切れないという人もいるようです。また、踏み切る場合でもできるだけ家族などに内緒で、というニーズもあります。
しかし、実際には自己破産の情報が大々的に知られるようなことは少なく、また会社の人などには内緒で破産の手続きを行うことも可能です。ただし、自己破産をしたことを知られる場合というのもありますので、順番に述べます。
まず、政府の発行する官報には自己破産をしたという事実が記載されます。官報自体は一般の人が通常読むものではなく、図書館などに行って調べ物をするような人でもなければ、まず読むこと自体がないものです。ただ金融業者はこうした官報の情報を元にダイレクトメールを送りつけてくる可能性もありますが、これは放置しておけばそのうち来なくなりますので、それほど心配はありません。
また、連帯保証人を付けた場合には、自己破産を行った場合でも連帯保証人に請求が行くことになるでしょう。こうした場合は、その連帯保証人が一括して支払いを行わなくてはなりませんので、最悪の場合保証人も自己破産をする羽目になってしまいます。つまり、連帯保証人には内緒でいることは不可能ということです。このため、破産手続きを行う前には連帯保証人と相談し、トラブルの無いようにしておくべきです。ただ、家族に支払い義務がかかることは原則ありませんので、必要が無ければ華族に内緒で、ということは可能です。しかしこの場合でもなるべく家族にも事情を打ち明けておいたほうが良いでしょう。