自己破産の手続きの流れは?

 

抱えた借金が大きくなり、
いくら任意整理等で支払うべき金額を減らしたとしても、
現状の返済能力ではどうにもならなくなったとき、
自己破産を選択することになりますが、その際にいくつかの手続きが必要になります。

 

まずは債権者に受任通知を発送します。
それが届けば債権者からの借金返済の請求は無くなります。

 

次に、裁判所へ自分に返済能力が無いことを証明して貰うため、
給与明細や住民票、源泉徴収票などの書類等から申立書を提出します。

 

以前はこの後に免責の申し立てを行う必要がありましたが、
それは破産法の改正により上記の手続きに含まれるようになったので、
省略しても良いことになりました。

 

その後、破産審尋が行われます。
破産審尋では申立人が自己破産の要件を満たしているかをチェックされます。

 

破産審尋の後、申立人がまとまった財産を持っている場合、
債権者に財産を分配する手続きに入ります。

 

それだけの財産が無い場合は
破産手続開始決定と同時に破産手続きが完了します。

 

破産手続開始決定すると、
免責を不許可とする事情がないかをチェックするために免責審尋が行われます。

 

この手続きを通って免責が確定すると、借金の返済義務が免除されて復権します。

 

自己破産をする大半の方が弁護士に依頼をして進めています。
その方が失敗もなく、スムーズに進むためです。

 

弁護士に依頼をするのでしたら、
自己破産の実績が多くある法律事務所を選びましょう。

 

その中から無料相談などを利用したりして弁護士との相性を確認して
依頼をすることをおすすめします。

 

おすすめの法律事務所はこちらです。
自己破産の実績が多く、無料相談もできます。

 

樋口総合法律事務所