自己破産後のローンはいつから組める?

 

自己破産を行う事により、なぜ一定の期間、
消費者金融や銀行などからお金を借りる事が出来なくなってしまうのか?
と疑問に思っている方も少なくないのです。

 

消費者金融や銀行では、信用情報機関の信用情報を参考に、
借入希望者に融資を行なっても大丈夫か借入額と収入のバランスは取れているか、
などといった事を見て審査を進めているのです。

 

この情報を見れば、過去数年間の間に返済に遅延がないか、
他社からお金を借りて踏み倒していないか債務整理歴がないかという事を確認する事が出来ます。

 

信用情報を見れば債務整理歴があるか分かってしまうので、
債務整理歴が登録されている間は自己破産後などに、
新規借入を行なう事が出来ないのです。

 

融資を受けるにあたり、信用度は非常に重要になります。

 

事故情報が登録されている間は信用度が低くなってしまい、
金融機関から見た信用度は債務整理歴がある方の場合、
0になってしまうので新規借入が行なえないのです。

 

しかし債務整理を行なったからといって、
キャッシングやローンが使えないわけではないのです。

 

自己破産を行った後、徐々に生活を再建させマイホームを購入する方もいます。

 

自己破産後すぐに融資を受けるのは困難ですが、
自己破産から7年~10年経過し信用登録情報の事故情報が抹消され、
キャッシングやローンの申込み時に
収入が安定していれば、自己破産歴のある方であっても、
以前と変わらずお金を借りる事が出来るのです。

 

自己破産に関する無料相談は
自己破産したらどうなる?調査隊」のページでご紹介しています。