自己破産すると後悔する?

自己破産とは、破産法の手続きにより裁判所で破産、免責の申し立てをすることです。これが認められ、免責が決まると、税の支払いなどを除く債務から免責されます。また、一定の財産を残して、破産者の財産は換金され、債権者に配当されます。
自己破産をして債務から解放され、前向きに歩んでいる人ももちろん多くいますが、社会的に与える影響は大きいものであり、心理的にも負担になることも少なくありません。自己破産をする場合は、後悔しないよう、弁護士などに相談し、熟慮する必要があります。
自己破産をすると、実際にどのような影響があるのでしょうか。まず、破産した場合、さまざまな資格制限などはありますが、選挙権などの公民権には影響はありません。また、家族は、連帯保証人などになっていない限り、影響が及ぶことはありません。家族がローンなどを組む際にも影響はありません。また、本人が会社などを辞める必要もありません。しかし、現実的には、債権者から給与が差し押さえられることで会社側にそのことが知られてしまい、解雇されたり、居辛くなって辞めてしまったりということがあるようです。それで破産したことを後悔している人もいるでしょう。
その他、実際的な不利益となりうるものとして、破産情報が信用情報機関に登録されること、いわゆるブラックリストにのるということが挙げられます。そうすると、今後借り入れをしたり、ローンを組んだり、ということができなくなります。破産してからその後の生活でお金に困ることがあったとしても、借金に頼ることができなくなります。このような現実面で後悔しないよう、手続きに入る前にもう一度よく考えましょう。