自己破産と個人再生どちらがふさわしい?

信販会社のクレジットカードや、消費者金融業者が行っているカードローンなどによって借り入れをしたことのある人もいるでしょう。
貸金業者から受けた融資について支払い期日までに返済することができずに、借金が大きくなっている人もいます。
借金について返済できないときには、債務整理のいくつかの方法を用いることで解決できる可能性があります。
債務整理には自己破産や個人再生など様々な種類がありますので、借金を背負っている人の状況によって最も良い方法を選択することが大切です。
自己破産の手続きとは、裁判所において借金の返済を行う能力がないことを認めてもらうことで、法律上の手続きとして借金の支払いを免除してもらうことができる制度です。
自己破産の手続きを行うことで、原則的に借金の支払い義務がなくなるわけですが、その一方で所有している財産について処分しなければなりません。
債務整理の方法には個人再生という手続きもありますが、個人再生の場合には再生計画を裁判所に認めてもらうことで、住宅ローンなどの重要な債務を除いて、その他の債務について減額してもらう手続きを行うことで、3年ほどの期間で分割払いをすることで借金の完済を目指す方法になります。
個人再生の場合には自己破産のように、借金の支払い義務が免除するわけではない点を注意する必要があると言えるでしょう。
また、自己破産を行った際に発生する職業の制限や資格の制限などのデメリットについては、個人再生のときにはありません。