自己破産にかかる期間は?

債務整理で任意整理や自己破産をした場合は、一定の期間はキャッシングをしたり、ローンを組んだりすることができなくなるのはご存知でしょうか。これは、その人の信用情報に事故情報がついてしまうからなのです。
事故情報とはブラック情報とか、ブラックリストとも呼ばれます。また、単にブラックと呼ばれることもあります。任意整理や自己破産をしなくても、ローンの返済が3回続けて遅れると、この事故情報がつきます。これがあると、返済がきちんとできないとみなされるため、キャッシングやローン、クレジットカードの審査に通らなくなってしまうので、実質利用できなくなるのです。では、どの位の期間が経てば、また元通りに、キャッシングやローンを利用できるようになるのでしょうか。
延滞や債務整理の場合は、期間は5年が目安です。自己破産の場合は、それよりも長めで7年となります。その間は現金で決済するなり、あるいは、ネットショッピングなどではデビットカードを利用するようにするといいでしょう。尤も、金融機関によって多少の差がありますので、信用情報機関に問い合わせて、自分の情報を閲覧し、ブラックのあるなしを確かめるようにするのがお勧めです。また、もし一定の期間が過ぎても、債務整理をした場合は、整理の対象となった金融機関の利用は難しくなります。ですから、その時とは別のキャッシング会社や銀行、あるいはクレジットカード会社などを利用した方が、審査に通る率が高くなります。