自己破産後の借り入れはいつからできる?

 

たくさんの借金を背負ってしまった場合は債務整理をすることになるのですが、
借金の状況によってはどうやっても返済できない場合もあります。

 

このような場合は裁判所に自己破産の申し立てをして
借金を免除してもらうことにより債務整理の手続きをしていくことになります。

 

そして自己破産の手続きをすることによって
自分の所有している財産は基本的に裁判所に取られてしまいますが、
借金を免除してもらうことによって、新たな生活を歩みだすことができます。

 

そこで自己破産をした後に何か自分に不都合なことがないかということが気になりますが、
自己破産をした後はブラックリストに破産したということが載ってしまうので
5年から7年くらいの間は借り入れをするのが難しくなってしまいます。

 

そのため住宅や自動車をローンを組んで購入することはできなくなってしまいます。
しかし住宅は購入しなくても賃貸物件に住めば特に問題はないですし、
自動車も家族の名義のものかレンタカーを借りるなどして使用すれば特に問題ありません。

 

自己破産をすると基本的に5年から7年くらいは
金融機関から借り入れをすることは難しくなってしまいますが、
だからと言って特別に不都合が出てくるというわけではないので、
借金でどうしようもなくなってしまったら、安心して自己破産の手続きをしましょう。

 

自己破産に関する相談は
自己破産したらどうなる?調査隊」のページでご紹介しています。