自己破産をする方法※知らないと損!

債務整理のひとつとして自己破産があります。この方法で、債務整理をすることは人生最後の手段、やむにやまれずにするといったイメージがあり、借りたお金をまったく返さなくてもよくなることになりますので卑怯といった先入観を持たれる人もいますが、決して悪いことではなく法律で定められて多重債務者救済のしっかりした制度なのです。簡単にいうと自己破産は、借りていた借金を返さなくてもよくなる方法です。しかし、それであれば借金をしたいだけして自己破産をすればまったく返さなくてもいいのではとなります。この債務整理は誰でもできるものではなく、要件があります。自己破産をしなければならない状況まで陥った理由がギャンブルや遊興費目的ではないことです。一度破産をしているとできないこともあります。そして住宅ローンは破産を申請しても返済免除となることはないです。そして、今後の収入や将来発生する収入などから返済が可能であればできないです。裁判所にて、完済が到底不可能、自己保有の財産を処分しても返済不可能である、支払い不能であると認めてもらうことを免責といいます。これで破産ができます。自己破産は、法律事務所などに依頼してする方法もあります。借金返済しなくてもよくなるのですが、信用情報機関にはブラックリストとして登録されて、官報にも掲載されることになります。さらには、今後の借り入れだけでなく携帯電話の契約や賃貸物件の入居審査も通過しないこともあります。