自己破産の費用はいくらかかる?

 

無職でも自己破産をすることは可能です。

 

そもそも、自己破産というのは返済不可能な状態になった人を救い、
再出発を支援するための制度です。

 

ですから、返済能力が無いことが原因で
自己破産が認められなくなるなどということはありえません。

 

もちろん、自己破産をするとなれば、
基本的には弁護士に依頼をして手続きを手伝ってもらうことになりますから、
弁護士の依頼費がかかることになります。

 

問題はその費用をどうやって捻出するかという話になるでしょうが、
大抵の弁護士は費用の分割後払いに対応してくれます。
こちらのおすすめの法律事務所も分割払い対応です。

 

樋口総合法律事務所

 

※無料相談受付中だそうです!

 

一度、弁護士に依頼し手続きを始めてしまえば、
取り立てがストップしますから、生活はかなり落ち着きます。

 

ひとまず弁護士に依頼をして、その後に仕事を見つけたり、アルバイトをしたりして、
弁護士の支払い費用を準備するというのがいいでしょう。

 

もしもどうしても弁護士の費用を用意する目処が立たないというのであれば、自
力で自己破産の申し立てをすることも可能です。

 

その場合はかなり費用を節約することができます。
ただ、申し立てするまで取り立てが止まりませんから、かなり大変なことは覚悟しておきましょう。

 

いずれにしても、たとえ無職であっても、放置するよりは自己破産をする方がいいことは確かです。