自己破産のメリット・デメリットは?

 

借金の返済がままならない債務者にとって、
手続きを行なうだけで返済義務を免除してもらえるという事は
最大のメリットであります。

 

手続きを行い、
支払を免除してもらった借金の返済義務が戻るという事はありませんから
自己破産を済ませてしまえば、債務は0になります。

 

自己破産はメリットも多いのですが、
仕事や住まいなどに影響が出てしまう可能性もあります。

 

自己破産には資格制限があり、
自己破産を行うものが弁護士や司法書士あるいは企業の取締り役である場合は
一定の期間、資格や役職を返上しないといけないのです。

 

ですから弁護士や司法書士の場合は一定の期間、
資格停止処分となってしまいますから職を失ってしまうことになります。
こういった事を受け入れない限りは、自己破産の手続きを行なう事が出来ないのです。

 

手続きが済んでしまえば、資格制限などもなくなります。

 

手続きをしている間も、生活をしていかなければなりません。
しかし消費者金融などから新規でお金を借りる事は出来なくなりますから
どうにかしてその間の資金繰りをしなくてはならないのです。

 

資格制限などに該当していない場合は、そういった障害がないわけですから
手続きの期間も半年程度で済みますし、役職を降りる必要もないのです。

 

自己破産のメリット・デメリットを考えたうえで
本当に自己破産をするか、もしくは他の債務整理方法で借金問題を解決するか、
迷われた方は無料相談を利用して弁護士に相談をしてみることをおすすめします。

 

当サイトおすすめの無料相談は
自己破産したらどうなる?調査隊」のページでご紹介しています。