自己破産出来ない場合はどうしようもない?

支払能力が無く、借金を返済できない時には自己破産の手続きで対策する方法があります。
自己破産をすれば借金が免責されますので、最終手段として行う事が出来ますが、しかしながら自己破産の手続きは必ず出来る訳でも無いのです。
理由によっては出来ない場合もあるのですが、どんな理由が該当するのかと言いますと、まず借入をしたばかりにも関わらず、すぐに自己破産を望む場合です。
こういったケースの場合、そもそも返済する気持ちが無いにも関わらず借金をしていると判断される事がありますので、破産申請をする事は出来ません。
倫理上の観点からも弁護士に応じてもらえない事がありますし、それどころか詐欺罪を指摘される可能性すらあります。
続いて自己破産が出来ない場合の理由として、支払能力があると判断された時です。
自己破産の手続きをする為には支払能力が無いと認められる必要があります。
もし、財産があるなどの理由で返済が不可能ではない場合ですと申請をする事は出来ません。
因みに財産を隠して手続きをするような悪質なケースもありますが、財産があると知られてしまった時には一度免責されても取り消されてしまう事になります。
また、詐欺罪に問われる事もありますので決して破産制度を悪用する事は出来ません。
他にも自己破産が出来ない場合の理由には、ギャンブルによる借金も挙げられます。
ギャンブルの程度によっては免責事由に該当しませんので、申請をしても拒否される可能性があります。