自己破産後クレジットカードはいつから作れる?

 

みなさんは自己破産というものについて
どのようなイメージを持っておられるでしょうか。

 

おそらく多くの方は自己破産というものについて
結構楽観的なイメージを持っているのではないでしょうか?
なんといっても借金がチャラになるのですからね。

 

ですが、それは間違いです。

 

確かに自己破産をすればそれまでの借金はチャラになり
身軽になる事は間違いないです。

 

でも、その後の生活が必ずしも順風満帆であるとは言えません。

 

というのも、自己破産をした人は
信用情報機関のブラックリストに載ってしまうからです。

 

それはなぜかというと、自己破産をすると借金がチャラになりますが、
そうなるとお金を貸した業者が損をする事になるからです。

 

ですから、自己破産をした人間は消費者金融や銀行からすれば
全く信用できない人間だというレッテルが貼られます。

 

そして、それはお金を借りるだけの問題ではなく
クレジットカードを発行する際にも妨げになります。
なぜなら、クレジットカードも広い意味で借金をしているようなものだからです。

 

ですから、自己破産をしてしまうと当然クレジットカードも作れなくなります。
また、様々なローンを組む事もできなくなるのでその事も覚悟しておく必要があります。

 

クレジットカードが作れない期間というのは、
クレジットカード会社にもよりますが5~10年ほどであることが多いようです。
その程度の年月が経てばクレジットカードを作れるようになります。

 

自己破産に関するおすすめ無料相談は
自己破産したらどうなる?調査隊」のページでご紹介しています。